最近何かと話題となっているオール電化も考慮しながらアパート経営を始めてみませんか?

普段の生活の中で、電気は欠かすことができません。また電気に対する関心も、2016年からは電力自由化で、高まっています。

一時期はソーラーパネルも積極的に推進されていましたし、これからも電気は注目をすべきもしれません。

アパート経営がうまくいっている女性のイメージ

アパート経営は、オール電化で差をつける

アパート経営も単純に、アパートを建てて入居希望者を探すだけでは、なかなか利益アップにも繋がりにくくなっています。アパートの建設も増えており、立地条件での差も出にくくなっています。

家賃も下がっていて、それではなかなか競争に勝てなかったりもします。何かしらの売りや差をつけることも、アパート経営では必要になってきています。

そんな中で差をつけるアパート経営として、アパートをオール電化にしてみては、どうでしょうか。マンションでもオール電化のものはでていますし、アパートでも可能です。

具体的には、ガスを使わないようにして、電気だけですべてを賄うようにします。エコキュートを用意したり、IHクッキングヒーターを設置して、それを普段使うようにします。

こうしたオール電化にしておくメリットとしては、光熱費を抑えられるという点です。それを売りにして、さらに家賃をすこしでもおさえれば、入居希望者にとっては魅力的に見えるのです。

またIHクッキングヒーターを設置すると、掃除もしやすく汚れにくいということで、女性には評価も高いです。主婦にも喜ばれますし、また火災の心配もなくなるので子どものいる世帯や高齢者にも喜ばれます。

先に書いた光熱費を抑えられる以外でも、この点でもメリットとなります。女性だけでなく、高齢者も入居を希望する可能性も増えてくるでしょう。

オール電化にすることで、差をつけることは可能です。不動産業者などにも相談してみて、オール電化の工事を進めたり、新築時に用意しておくといいでしょう。