これからのアパート経営はペット可物件希望者が増えているということ考慮に入れなければいけない

アパート経営をペットについてもますます、その意義も高まっています。愛玩のたしめだけから、家族としてだったり、また癒してくれる存在だったりといろいろな意義があります。これからもその重要性は高まってくるでしょう。

■ペット可のアパート経営をしてみる
アパートの場合には、大抵はペットを飼えないというのがほとんとでしょう。ペット可にしない理由として、まずペットを飼っていない人とのトラブルもあります。犬でと吠えてしまうので、それが近隣トラブルになる可能性もあります。猫だとつめとぎで壁などを傷つけてしまい、その後の入居者への影響もあります。

しかし、現在ではペット可、ペットと一緒にすめるところを探している人が増えています。その証拠にペット可のアパートの入居率は、かなり高くなっています。ですので、もしもなかなかアパートの入居率が高くならないときや、入居希望者が集まらないときは!ペット可へ方向を切り替えてみるのも効果的かもしれません。

まあこれから、アパート経営を始めようとする人は、最初からペット可にしてみるのもいいかもしれません。ペット可のアパートにする場合には、自然換気口、配水管の毛つまり対策、ペット用の出入り口をつける、防音や防臭対策をするなど、いろいろとアパートへ機能をつけないといけません。

そのためには、新築工事の費用や中古アパートだと改修費用もかかりやすいです。しかし、その入居率が高くなることを考えると、その改修費用も取り戻せるのですから、やってみる価値はあるでしょう。

■最後に
ペット可のアパートを探している人は大勢います。この入居希望者にターゲットを絞ってみて、募集をかけてみるのもいいでしょう。ペット可をうまく利用して、アパート経営をしていきましょう。