アパート経営を単純に考えて始めてしまうと失敗となってしまうケースが多いのです

アパート経営を始めるときには、いろいろなことを考えたり、意識しなければなりません。たとてば、立地条件が大丈夫かもあります。交通の便が多少は悪くても、商業施設や学校に近いなと、生活しやすくかったりすると入居者は、集まったりもします。

立地条件をまずは考えて、土地購入やアパートの建設をしないといけないのです。

■入居希望者のことを意識する
立地などアパートの回りの環境に目がいきがちですが、それだけを意識してはいけまさん。やはり、入居希望者のことが大切です。入居希望者をどんな人たちが多いのか、まあ集めるのかを考える必要もあります。例えば大学に近いところにアパート経営を使用とする場合には、やはり独り暮らしの学生をターゲットにした方がいいのです。

また近くに学校がある場合では、子どもづれの夫婦を狙う方がいいのです。また、都心部で、オフィス街がちかければ、独り暮らしのサラリーマンやOLとなります。もしも、住宅街ならば、夫婦や家族連れをターゲットにします。このように環境に合わせて入居希望者を意識する方がいいのです。

こうした入居希望者をどういった人たちにするかを決めると、それに合わせてアパートの間取りも変わってきます。また、部屋の設備も変わって決まりもします。若い人向けにすると、インターネット常備だったり、テレビや家具類があらかじめ用意しておく方がいいなど変わってきます。

さらに家賃設定でも変わってくるでしょう。家族連れなど、しごとをしているのであれば多少はあげても、必要だとして入居してくる可能性もあります。しかし、学生向けだと、やはり抑えておかないとなかなか、入居を希望してくれません。その地域の相場がそうだとしても、集める場合には、おさえめにやらないといけないことも出てきます。

■最後に
入居希望者を意識することは、その地域の調査も進めやすくなりますし、アパート経営の計画もたてやすくなります。ぜひどんな入居希望者を狙うのかもよく検討していくといいでしょう。

アパート経営を単純に考えて始めてしまうと失敗となってしまうケースが多いのです

◆間取りも考えてアパート経営をしよう
アパート経営では、入居希望者を集めることが大切です。そのためには、有効な手段となっているのは、アパートの新築です。やはり新築の方が、入居希望者も集まりやすい傾向にあります。

引例→土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

■間取りも考えてアパート経営をしていこう
新築でアパートをたてる場合に、まず最初に考えないといけないのは、間取りです。間取りもただ決めればいいというものでもありません。広さもありますし、例えば部屋とキッチンのしきいもあります。またペット可のような間取りなどもあります。

けっこう間取りで、入居希望者の借りたいという意欲は左右されます。いまだと、収納もかなり意識されていて、用意されているかもチェックする人も増えています。間取りを考えるときに考慮すべきこととしては、和風か洋風かもあります。畳部屋のアパートのタイプもありますし、フローリングのアパートのタイプもあります。男性だと畳部屋のタイプでも大丈夫ですが、女性にはいまいちだったりもします。

特に女性にも好まれる方が、入居希望者も集めやすいです。フローリングタイプの方が無難と言えるでしょう。地域によって高齢者の入居希望者が多いようならば、畳部屋が良さそうです。地域の不動産業者に傾向を確認してみる必要もあるでしょう。

あと、バスとトイレが別々の方が好まれますし、洗面化粧台が設置されているといったことも女性の評価も高くなります。また、その地域がたとえばオフィス街に近いようであれば、ワンルームタイプの部屋を増やしておくのもいいでしょう。そうやって、部屋数を増やしたアパートを用意した方が効率的とも言えそうです。

そして、住宅街や学校に近いというかとであれば、1LDKや2LDKといったタイプの部屋を用意して、家族連れでも生活しやすい部屋を用意した方がいいでしょう。

■最後に
間取りによって、入居希望者はかなり左右されます。地域や入居希望者層を考えて間取りを組むようにしましょう。それがアパート経営成功の鍵となります。